出産ってなんだろう?

妊娠、出産というと、だれもが「病気ではなく自然なこと」と思っているのに、出産はやはり産婦人科病院などの医療のもとでというのがあたりまえのように言われています。
自然な行為であっても、一生のうちで、そう何度も経験することではない「出産」は、初めてのお母さんだけでなく、出産を経験したお母さんでさえ、「何が起こるかわからない」と不安を持つ人も少なくありません。
そんな「出産」ってなんだろう? と、少し考えてみましょう。

いまから30年ほど前までは、日本でも約半数の人が自宅で出産をしていました。
それが今では、自宅で生まれる赤ちゃんは全体の0.1%にも満たない数となっています。

出産にもっとも大切な点は、「安全性」であることは言うまでもないことですね。
以前のような自宅出産では助からなかったケースも、出産が産婦人科病院などの医療の中で行われるようになってからは、無事に生まれるようになりました。
ただ場合によっては、医療がいき過ぎた管理になることがあったり、医療に頼ることで、産む側であるお母さんや家族が出産を「医療任せ」にしてしまって、自 分が主体となって産むという意識を忘れていまっていることもあります。

産むのは自分、そして育てるのも自分たちであるということをもう一度、認識する必要があります。
出産の主役は「産婦人科病院」や「医師たち」ではなく、「お母さんと赤ちゃん」なのです。