無痛分娩

出産のときに痛みはつきものと思っている人も多いのですが、痛い思いをすることなく出産できる「無痛分娩」という方法を選択することもできます。

無痛分娩とは、麻酔を使って出産時の痛みを取り除いて出産する方法です。
日本では未だに「出産の痛みを経験しないといけない」という考えが主流になっているため、無痛分娩はそれほど一般的ではありません。
そのため、出産するお母さんの中にも「自然分娩が一番!」と考えている人も多いかもしれません。

ですが、あまりにも痛すぎる出産は、母体だけでなく産まれてくる赤ちゃんを危険にさらしていることを知っておいてください。
お母さんがあまりに痛みで苦しんでいると、過呼吸の可能性もあります。
そうなると産まれてくる赤ちゃんも酸素不足になってしまい、仮死状態になってしまうこともあるのです。

無痛分娩と聞くと、出産時の痛みだけでなく、生むという感覚もないようなイメージを持っている人がいます。
ですが無痛分娩は、痛みはほとんどありませんが、感覚はしっかり残っているので、「産んでいる」ことが実感できます。

無痛分娩は、麻酔科医と産婦人科医の両方が必要ですし、医師の技術も重要になってきます。
そのため、まだまだ東京都内でも無痛分娩を行なえる病院が少ないのが現状です。
清水産婦人科クリニックでは、ご希望があれば「無痛分娩」もお選びいただけます。