不妊症とは

不妊症とは、赤ちゃんが欲しいと思い、夫婦生活を行っているにもかかわらず、2年以上赤ちゃんができない状態の事を言います。
一般的には、1年以内に赤ちゃんができる確立が80%、2年以内に赤ちゃんができる確立が90%といわれていますので、残り10%の夫婦が不妊症と言うことになります。
10%といえば、100組のカップルがいたら、10組は不妊症で悩んでいることになります。
不妊症とは他人事ではなく、身近な問題として考えなければなりません。

1人目を産んだ後、2人目が欲しくても、なかなか子供ができないので、産婦人科病院で調べてもらったら、不妊症だったというパターンもあります。
この場合を「2人目不妊」や「続発性不妊」と呼びます。

現在、不妊症の原因ははっきりとはわかっていませんし、不妊症の原因はひとつの場合もありますが、複数の場合もあります。
また、2年以内に妊娠しないからといって、すべてが不妊症であるとは考えられません。
「妊娠」の仕組みが大変複雑なため、不妊症にもいろいろな原因が考えられるのです。
ですので不妊症の治療は、根本的な原因を取り除く治療ができないのが特徴でもあるのです。
しかし、「現状を把握」するためにも、産婦人科での検査をする必要があります。

不妊症の原因は、女性側の原因は約5割で、男性側が約3割、その他の原因不明が約2割ということです。
ですので、不妊症の検査もご夫婦2人とも受けなければ、その後の治療も正しく受けることができません。
不妊症の検査、治療は、女性の場合は産婦人科病院で、男性の場合は泌尿器科専門医の診察が必要です。