生理不順

生理不順は、月経の周期や量の異常です。

正常な場合、生理は1回に4~7日間位あり周期は25~35日位です。
常に一定の人もいれば、多少ずれる人もいますが、範囲内であれば大丈夫です。

生理不順の多くは、ストレスによって自律神経が乱れ、ホルモンの分泌に影響が出るために周期が乱れるのです。
また体調が悪い時にもホルモンの分泌に影響がでます。

生理不順を放っておくと不妊症になる可能性もあります。
また病気が原因で起こる生理不順もありますので、たんに生理不順だからといって安易に考えないで注意が必要です。
基礎体温を測ればある程度の原因が分かります。

生理の周期があまりに短く頻繁にあるものを「頻発月経」といいます。
頻発月経はホルモンの分泌や血液の循環が悪く、放っておくと不妊症になりかねません。

周期がとても長い、1年に9回以下であったり、本当にたまにしかない場合を「稀発月経」といいます。
周期が長くても、排卵があれば問題がありません。
しかし、年に3~4回しかないという場合は、卵巣や下垂体の機能不全の可能性もありますので、産婦人科病院で受診してみてください。
放置しておくと無月経や不妊症の原因になります。

また、周期に問題がなくても、1回の生理の血量があまりに多く8日以上続く、レバーのような血の塊が出る場合は要注意です。
原因として子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋腫などの可能性がありますので、早めに産婦人科で診察を受けましょう。