生理痛

生理痛は、若いころは結構痛みを感じていたのが、30歳を過ぎると痛みが軽くなったり、感じなくなってくる人も結構多いようです。
20歳位まではホルモンの働きが盛んですので、生理の時に少々の痛みはあっても大丈夫です。

ただ、毎回寝込んで仕事や勉強に差し支えるほど重く、症状としては腹痛、吐き気、嘔吐、頭痛などがともなる生理痛は「月経困難症」である可能性があります。
このような症状が続くときは、産婦人科病院で診察を受けましょう。

月経困難症の原因には、生理的な機能が原因のものと、病気が原因のものがあります。
生理的機能が原因のものとして、生理時に子宮収縮が人より強い場合や冷え性、ストレスなどの心理的要因や自律神経失調症によって強い生理痛が起こります。
病気が原因のものとしては、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気や子宮後屈や前屈、子宮頸管が非常に狭いことが原因のこともあります。

子宮内膜症や子宮筋腫が原因であった場合は、そのままにしておくと、大変な病気につながってしまう可能性も大きいですし、不妊症の原因にもなります。
ですから、痛みが激しくなったとか、重い場合は「生理痛だから」と軽く考えないで、産婦人科病院で診察をしてもらった方がよいでしょう。