妊娠中毒症

妊娠中毒症とは、妊娠中期から後期にかけておこる病気で、主な症状として「高血圧」や「むくみ」がおこります。
現在では、妊娠中毒症は『妊娠高血圧症候群(PIH)』と名前が変わり、「妊娠20週以降から出産後12週まで高血圧、または高血圧にたんぱく尿をともなう場合」と定義づけられています。
妊娠中毒症はお母さんだけでなく、赤ちゃんの発育にも影響がある怖い病気です。

妊娠中毒症の原因はまだはっきりしていません。
妊娠中毒症は、妊婦さんの10人に1人がかかるともいわれ、とても身近な病気なのです。

妊娠中毒症の主な症状は、3つあります。
むくみ」「高血圧」「たんぱく尿」です。

むくみ」とは細胞の中の水分が多くなってしまった状態のことで、足や顔がはれぼったくむくんでしまいます。
妊娠中は血液の流れが悪くなるので、ある程度のむくみの症状は出てきますが、体重が1週間に0.5kg以上増えた場合や、朝からずっとむくんでいる場合は妊娠中毒症の疑いがあります。

健康な妊婦さんの血圧は、最高が100~130mmHg、最低が60~80mmHgです。 それが最高140mmHg以上、最低90mmHg以上になると「高血圧」とされます。
多くの場合、自覚症状はありませんが、ひどい時は頭痛、耳鳴り、めまい、ほてりなどの自覚症状がでてきます。

腎臓の機能が低下すると、血液の中へ身体に必要なたんぱく質が流れ出てしまいます。 いわゆる「たんぱく尿」です。
「たんぱく尿」は、産婦人科の定期健診で行なわれる尿検査でわかるのですが、検査で++になったり、+が2回以上出ると妊娠中毒症に結びつく可能性があります。

産婦人科病院の定期健診では、これらの検査を毎回行っています。 日頃から妊娠中毒症の予防を心がけるとともに、少しでもおかしいと感じたら、産婦人科の医師に相談をして、診察をしてもらいましょう。