産後のベビーマッサージ

最近では、ベビーマッサージの効用が広く認知され、産後のベビーマッサージ講習をおこなっている産婦人科病院が増えてきました。

ベビーマッサージの基本は、お母さんやお父さんと赤ちゃんとの肌の触れ合いです。
大好きなお母さんやお父さんに、やさしく撫でさすられることで、赤ちゃんは「安心」を得ることができます。 そして、その心地よい刺激が、赤ちゃんの生命力を活発にし、心や体の発育にとてもよい影響を与えます

また、赤ちゃんの体を五感でじっくりと観察するうちに、どんなふうに触ると赤ちゃんが喜ぶかが分かってきます。
このことが、お母さんの気持ちのゆとりにつながり、育児に関する自信も自然にわいてくるはずです。

さらにお母さんの女性ホルモンを増加させる効果もあり、育児ストレスの軽減につながります。
つまりベビーマッサージは、お母さんと赤ちゃんの心と体を癒す行為であるといえるでしょう。

ベビーマッサージは、スキンシップのひとつの方法であると同時に、体調を整える手段でもあるのです。
「体調が悪いときにマッサージはしてもいいの?」と思うお母さんもいます。
ですがむしろ、赤ちゃんの体調があまりよくないときにこそ、ベビーマッサージは真価を発揮するのですから、安心してマッサージをしてあげてくださいね。