シミズマタニティクリニック

産婦人科豆知識 / Knowledge

FAQ

産婦人科豆知識 Knowledge

皆様の不安が少しでも解消できるよう、妊娠・出産に関する豆知識をお伝えいたします。こちらに記載のない事についても、わからないことや疑問点などございましたら、当院のスタッフまでお気軽にお声がけください。

産後のベビーマッサージ

最近では、ベビーマッサージの効用が広く認知され、産後のベビーマッサージ講習をおこなっている産婦人科病院が増えてきました。ベビーマッサージの基本は、お母さんやお父さんと赤ちゃんとの肌の触れ合いです。 大好きなお母さんやお父さんに、やさしく撫でさすられることで、赤ちゃんは「安心」を得ることができます。 そして、その心地よい刺激が、赤ちゃんの生命力を活発にし、心や体の発育にとてもよい影響を与えます。 また、赤ちゃんの体を五感でじっくりと観察するうちに、どんなふうに触ると赤ちゃんが喜ぶかが分かってきます。このことが、お母さんの気持ちのゆとりにつながり、育児に関する自信も自然にわいてくるはずです。 さらにお母さんの女性ホルモンを増加させる効果もあり、育児ストレスの軽減につながります。つまりベビーマッサージは、お母さんと赤ちゃんの心と体を癒す行為であるといえるでしょう。ベビーマッサージは、スキンシップのひとつの方法であると同時に、体調を整える手段でもあるのです。「体調が悪いときにマッサージしてもいいの?」と思うお母さんもいます。ですがむしろ、赤ちゃんの体調があまりよくないときにこそ、ベビーマッサージは真価を発揮するのですから、安心してマッサージをしてあげてくださいね。

産後の健康と美容

妊娠してから出産後にいたるまで、身体の中ではさまざまな変化があり、体型だけでなく、お肌や栄養素にまで影響してきます。これは、お母さんと赤ちゃんを守るためにホルモンの分泌が変わるからです。 妊娠や出産によってお肌がすべすべになったという人もいれば、急にしみやそばかすが増えたり、乾燥肌になってしまった、ブツブツができたなど、お肌にトラブルが出るという人も少なくありません。 妊娠中のお肌は、ホルモンバランスの変化や、便秘、肝臓への負担などが原因で乾燥しやすくなります。また、新陳代謝も活発になるので、汗をかきやすく、あせもやニキビ・吹き出物ができやすくなります。さらに、日光に過敏に反応しやすい傾向もあります。シミやソバカスも紫外線の影響で悪化することがあります。 赤ちゃんが生まれると、今後は昼間外に出る機会が増えます。紫外線対策には、いままで以上に気をつけてください。 真夏でなくても日傘や帽子を用意し、UVケア用品でお肌をカバーしましょう。 出産後すぐは、お母さんは出産の疲れや、入院生活でスキンケアがきちんとできない場合もあります。さらに、退院後も慣れない育児・睡眠不足などが重なってお肌にトラブルを抱えてしまうお母さんは多いものです。そんなお母さんのために、当院では退院の前日または当日に、院内サロンにてプロのエステティシャンによる「エステサービス」をプレゼントさせていただいております。心身ともにリフレッシュして、赤ちゃんとの新しい生活を始めてください。

ページトップ