目指す産婦人科病院が決まったら

目指す「いい産婦人科病院」が決まったら、まずは健診も兼ねてその産婦人科病院を訪れてみましょう。
病院の施設や雰囲気はもちろん、その病院の方針などを自分の目で確認することが大切です。

大きな病院や混んでいる産婦人科病院は、医師にその病院の方針や考え方を詳しく聞く時間はなかなかとりにくいので、短い診察時間の中で、要領よく質問するために、あらかじめ聞きたいことのポイントをしぼって用意しておいたほうがよいでしょう。
立会い出産や無痛分娩などの選択は可能か? 母子同室が可能か? 定期健診のスケジュールなどなど、自分の希望を伝える前に、まずは病院の方針を確認しましょう。

また、その際の医師の様子も大事なポイントです。
いくら診察時間が短いとはいえ、こうした質問に快く答えてくれない医師は、信頼関係は持ちにくいかもしれません。
さらに内診が乱暴な医師も考えもの。

診療時間が短く、詳しく聞けない場合は、診療のあとで助産婦か看護婦に聞いてみるのもよいでしょう。

産婦人科病院を決める際の、ポイントはやはり医療者との信頼関係が一番です。
「○○病院」で選ぶのではなく、できれば「○○病院の●●医師」というように、個人を頼って産婦人科病院を選びたいものです。
信頼できる医師や助産師が見つかれば、出産のとき何か起こっても、その人の判断なら任せることが出来るという安心感も得られます。